5月6日の出来事。

今日、とんでもないお客様が来ました。その人は、4人乗りの船外機船を借りて出ていったのですが、城ヶ島まで行って、ガス欠になったと連絡して来ました。当店では釣行できるエリアは前もって、紙面で渡しているのですが、それを無視して城ヶ島まで行きました。彼が言うには3時間でガソリンがなくなるなんてきいていないからこちらのミスだと言い張りました。当店が確認事項として渡している紙面には釣行できるエリアは走水小学校沖から大津おきの岸から1海里としています。その事を言うと、そんなのしらないと言うことでした。ここで法的なお話しをさせていただくと海上で起きたトラブルはすべて船舶免許を持つ船長にあるとなっています。船長は当然燃料の確認もしなければならず、それを怠ったのは間違いなく船長責任となります。それなのにその人たちは自分たちはおまえのせいで遭難しかけたのだから、この場であやまれと言い張りました。さすがに頭にきたので相手がお酒を飲んで酔っ払っていて、まるで話がかみ合わないので、いくら話をしても無駄だと思いその場は納める事にしました。ちなみに、この日は午後から南風が強くなり当店の船では城ヶ島まで行く事ができず、知り合いの人に大型船をだしてもらいました。当然お礼をしなければいけないので当店としては丸赤字です。おまけにアンカーをロープごとすててしまったっていう事であいた口がふさがらない状態です。話は変わって最近の釣果ですが、アジは深場で上がってきたものの潮周り次第で、小潮周りでないと数は望めばせん。カレイはそろそろおしまいで、浅場では白ギズとメゴチ、フグぐらいす。小さいメゴチが多いのでそれを餌にマゴチは上がっています。マダイに関しては、本日原田氏が1.5~2キロぐらいのものを1枚上げたそうです。仕掛けはタイラバーだったそうですが、何しろ上記の事故のせいで私は原田氏と話ができなかったので、詳しい話は聞けませんでした。このところ、うちの定置網にも2~4キロのマダイが何枚か入っていますので、マダイが浅場まで来ているのは間違いありません。

5月6日の出来事。」への20件のフィードバック

  1. 本当に腹の立つ客ですね。こういう悪いやつは、懲らしめるため、警察を呼んで、場合によっては損害請求の裁判を起こしても良かったのではないかと思います。まあ、バカは相手にしない方が利口かも知れませんが。

    • 三浦様、ご無沙汰をしております。なかなか伺えず恐縮です。しかしとんだめにあわれましたね。お疲れ様でした(^^)ちなみに4日の日潮干狩りにいきご主人様見かけましたよ(^^)本当に良いところですから近々お邪魔しますのでその折は宜しくお願い致します(^^)

    • 貴重なご意見ありがとうございます。この日のことをいろいろな人に話したところ、かかった費用はしっかりと請求するべきと皆さんから言われました。当店としてもこのような事故が2度と起きないようにするためにも、請求していきたいと思います。

      • 当然かなと思います。百歩譲って謝罪したなら三浦さんのお人柄、譲歩されるかななんて思いますが、、笑
        これからも利用させて頂きますので元気出してください(^^)

  2. 乗合船も利用する客ならある程度マナーもあるからいいのですが、どうしても費用が安く済む分、ボート乗りはこの手の客が稀にいます。特に手コキはひどい客がいるので災難でしたね。

  3. いつも釣果情報を楽しみにして見させています。大変な輩を相手にされてさぞかし心痛お怒り、お悲しみのことと存じます。こういう方が、事故を起こして亡くなるんでしょうね。自業自得です。海、山、絶対侮ってはいけないものです。こういう輩は、どこにいってもマナーを守らない連中です。どこにいっても警察沙汰を起こす連中です。最近多くなっています。ただ、マナーを守って静かに海との時間を待ちたいボート釣りラバーもたくさんおりますので、是非、これにめげずにこれからもひっそりと続けてください。よろしくお願いいたします。

  4. 三浦ボートさんが言ってる事に何1つ間違いはないと思います。海に出る以上、海上のでのトラブルは船長の責任です。場所に関しても知らなかったでは済まないし、まして三浦ボートさんが他の大型船まで手配して迎えも出してもらっていてむしろ感謝すべきだと思います。船長か乗船者がお酒を飲んでるかわかりませんが、どちらにせよその場であやまれとお店に言うの間違いでその船の船長へ。マナー以前に操船免許持ってる人、同船に同乗されてる人のモラルが…
    この様なことが2度とない様に請求する部分はして、他の釣り人にも示した方がいいと思います。

  5. 僕もエンジン付き4人乗りを何度かレンタルしましたが城ヶ島まで行こうと思ったことは一度もないですね~ って言うか一海里までと書いてますものね。
    (ある意味チャレンジャーか世間知らずで怖さを知らない)
    釣行エリアは書面でもらいますので全く確認していないのですね。船長失格です。

  6. そいつは日本人ですか?そんな輩は、どこ行ってもトラブル起こすし、クズです。いい死に方しません、大丈夫。通り魔にあったと諦めて、ガンバってください。応援してます!!

  7. 今度お伺いしてみたいと以前から思って時々ホームページを拝見させて頂いている者です。
    小型船舶2級ですが年に30回以上プレジャーボートでの釣行をしています。
    今回は、大変な目に合われてお気の毒です…。
    みうらぼーと様に過失はないでしょう。
    皆様が書かれている通りだと思います。
    ひとつ気になったのが、アンカーロープを捨てたというところで、エンジンが止まってからアンカリングして助けが来てアンカーロープを切って曳船からのロープにつなぎ替えたのなら、アンカーを引き上げてる場合ではないので仕方なかったのかなとも思いました。もちろん弁償はしないといけませんが。
    エンジン停止前に捨てたのなら言語道断かと思います。
    記事からはその場の状態はわかりませんし、当然ですが、その船長を擁護しているわけではありません。
    あくまで憶測ですが、アンカーロープを捨てる状態を想像してみた次第です。

    • 多くの人達から貴重なご意見をいただき、ありがたく思います。アンカーの件ですが、始め電話で話した時、城ヶ島ホテルの前で流されていると言うので、直ぐにアンカーを入れるように指示しました。城ヶ島ホテルの場所を地図で確認すると、城ヶ島と三崎のあいだにいる事が解りました。そこはとりあえず風が吹いても波がたつ場所ではないのでこちらから迎えに行くまでは大事に至ることはないだろうと思っていました。その後、海上保安部から連絡が入り、船は三崎の港の桟橋に係留されていると言うことでした。行ってみると船にはアンカーもロープも無く、その事をきくと船を引っ張ってもらうときアンカーがじゃまだと言われ、切ろうと思ったけど、切るものを持っていなかったので元からほどいて捨てたと言うことでした。釣りをしに行く人達がハサミの一つも持っていなかったと言うことです。それと、これは本文では書きませんでしたが、乗船していたのは酔っぱらって操船していた船長とその友達とその子供(7~8歳位)でした。今回、唯一よかったと言えることは、子供を含め誰もケガなどしなかったという事です。もしも外海で漂流していたら、見つけるのも大変であの日の大しけにみまわれていたらおそらく船は転覆していたと思いますから。結局、その日は午後から風速が20m/sを超え、頼んだ大型船でも帰ってくるのがやっとで、事故を起こした3人は車で送ってもらい、うちの船は三崎の港に置いてもらう事になりました。翌日、船を引き取りに行ったのですが、その日も波が高く、途中で沈没しかけました。本当にもう二度とかかわり合いたくない人達です。それと、今回ちょっとがっかりしたのが海上保安部の対応で、船長が酒の匂いをプンプンさせて、訳の分からない事を言っているのにアルコールの検査はしないし、船長に何も言わなかった事です。後日、お店に来た海上保安部の人は船長を呼んで話をすると言っていたのでしっかり対応してくれる事を期待しているのですが。

      • なるほど、全てがもう免許保持者として失格な行為ですね。しかも子供を乗せて飲酒となれば人格も疑わざるを得ないでしょう。(遭難しかけたのは店の責任だと言ってる時点で人格は…)
        実はあの日私もプレジャーボートで鴨井沖におりました。
        昼からの南風は予報を確認していたので、風が出てきたなと思って少しずつマリーナに近づきながら釣りをして、確か12時前には危険と判断し帰港しました。船長として釣れるポイントよりも安全な場所や帰港しやすいポイントを常に考えながら操船するのは当然の義務です。
        乗員の命を最優先に守ることを怠るとは、シーマンシップとは真逆ですね。
        ただみうらボート様も新規の客がどういう客なのかは分かりませんものね。
        本当にお気の毒としか言えませんが、今回のことはうやむやにはしたくないですよね。

        海保の対応もがっかりですね。飲酒が確認できる状態なら免許停止の行政処分にできるはずなのに。
        余談になりますが、私も運河を航行中に海保の艇と向かい合わせになり、当然私は右に舵を切ったのですが、海保も同じ方向に来るではありませんか…衝突寸前で私が左によけて回避しましたが、海保の人はごめんねとばかりに笑いながら手を上げていきました。
        全ての海保を否定することはありませんし、彼らも重要な任務をこなしているとは思いたいのですが…
        長文失礼いたしました。

        追伸:
        近いうちにお伺いしたいと思っておりますので、その際は是非よろしくお願いいたします。
        ここしばらく釣果に恵まれておらず、是非、みうらボート様にもお世話になってみたいなと思っております。

  8. はぁ、どうしようもない輩ですね〜(^^)釣りを愛するものとして残念極まり無いです。三浦さん、大変お疲れ様でした!三浦ボートファンですから元気出してください!

  9. 度々恐縮です。類は友を呼ぶ。皆様いい方ばかりですね!三浦さんのお人柄だと思います。私も直感でここのボート屋さんは良いと感じました(^^)たくさん他いってますけど(^^)

  10. 命より重い釣果はないです。
    操船者(船長)が飲酒なんてもってのほかです。その後終わって電車で来たのかわかりませんが、車で来てたとしたら飲酒運転にもなります。
    極めて危険です。もしその当事者が見てるのであればちゃんと自分自身を見直して欲しいと思います。
    子供のお手本にならなきゃいけないのに残念です。

  11. いつも手漕ぎ&船外機使わせていただいてます者です。
    風が強い日が多いので、なかなか伺えませんが、
    最近の釣果見に来ましたが…
    余りに、ひ、酷い話で思わず書き込みいたしました。

    私もあの4人乗りよく使わせていただいてます。
    ですが、あの船で城ヶ島までとは。。。
    自殺行為そのものですし、謝罪じゃなく、
    さらにクレームまで入れてくるとは、信じられません!!

    海上保安庁には事故当事者には免許剥奪等、
    今後他のボート屋さんに迷惑かからないよう
    対応してほしいものです。。。

    誠に勝手な話ですが…これに懲りずに船外機貸し出し、続けてくださいませ。。。
    何卒、よろしくお願いいたします。ガンバです!!

  12. 本当に多くの人からやさしいコメントをいただきありがたく思います。私も後から聞いたのですが、当日、船長はそのまま車を運転して帰ったそうです。これまた、信じられない事ですよね。

  13. みうらさん、いつもお世話になってます。
    これはマナーとか、ルールとか、船舶免許とかの問題ではないですよ!
    完全に営業妨害ではないですか?
    簡単に許される事ではないですよね
    城ヶ島までの救出費用をみうらさんが払うなんてありえないですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です